DeFi(分散型金融)が大人気 優秀項目の選び方完全入門

最近、DeFiの流動性マイニングが話題になってきたよね。いきなり、色んな項目が出てきて目がくらむそう。しかし、DeFiってなんだろう?投資者や初心者にとって何か意味があるのだろう?8月20日、牛市財経CEO Vickyさんが58学院にいらっしゃって、大人気のDefiについて語ってくれた。

流動性マイニングには比較的に高い資金と技術を求める

しかし、Vickyの話によると、イーサネットの高額ガス費用の他、ウォレットの管理技術等にも比較的ハイレベルを求めるため、少額の資金でマイニングする場合、いい収穫をもらえることがあんまりできないだそうです。この方面から考えれば、現在のDefi流動性マイニングは一般意味での優秀金融項目や本物の開放金融とは呼べないそうです。これは引き続きの公開チェーンとその上で運行するDefi製品のアップグレードに解決してもらうしか方法がないとVickyが思っている。

そして、Defi業界の発展とともに、マーケットがステーブルコインに対してのニーズも増えるだっとVickyが話した。例えば、今年のコロナの影響で、ステーブルコインでリスクを回避する投資者がいっぱいいた。その上、3月の時の暴落とDefi市場の人気度も加えて、ステーブルコインへのニーズを増長した。安定できるコインが人気になる理由はまず法規に従っていること。ステーブルコインが会社で監視管理し運営されて、監視機関の許可をもらっていて、合法の準備金アカウントを持つ上、監査部門が定期的にその流通数と準備金のマッチング度を確認する。現在の市場から考えれば、ステーブルコインの増数がDefi業界の安定発展に有利なのだ。

優秀のDefi項目に八つの特徴がある

では、大量のDefi情報で、投資者はそうすれば、チャンスを掴めるのか?

Vickyの意見では、投資者は自分でDefi項目の見分ける方法を学んだほうがいいだそうだ。具体的なのは下記の八つ方面から判断すればいい:

2. 許可が必要なし:当コードが公開的でオープンソースでなければならない。いかなるユーザーでも第三者経由する必要がないまま利用できる又はその上で構築できる。

3. 匿名支持:ユーザーが自分の身分情報を提供する必要がない

4. 委託管理の必要ない:資産は単独の第三者に委託する必要がない

5. ソーシャルメディアの管理方法:単独の実体はアップグレードも決める権利と管理特権を持たない。ある場合、個人権利をソーシャルメディアに移動する時に使われる信用できる方法を保有しなければならない

6. マイニングフライングなし、創始者ご褒美なし、個人募金なし。参加する人全員に同じチャンスがある。

7. 自分の身証明できる、資金流通が透明、システムの弁償に対して力がチェーンで検証できる。

8. 項目の全てのコード(知能契約とモバイル端末、利用者端末のも含め)全部第三者の審査に通せなければならない

instagram:58coinclub
Twitter: https://twitter.com/58_coin
website:https://www.58ex.com/
Facebook: https://www.facebook.com/coin.58COIN
Telegram: https://t.me/official58

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58