【btceth】58学院が初登場 何を話した?

5月21日、即ちビットコインピサ日の前日に待ちに待った58学院が登場した。これで58COINが契約取引市場の成熟と発展に力を尽くす願望を表した。58COIN今までの習慣(素直、形式や伝統に拘らない)通り、今回の58学院も華々しい開業儀式やマーケティングをしないくて、簡単な生ライブで知識講座を行った。それでも、金色財経やBishijieを含めて30社以上のメディアが来場し取材してくれた。

今回初めてのライブに、58学院研究員TIMが彼自身のプロ視線でBTC、ETHを未来を分析し、初心者の方々に意見を話したそうだ。

BTC、ETH解読 未来の二年内にブルマーケットが来る

5月12日、ビットコインは無事に三回目の半減を完成した。ビットコインのトレンドについて、TIMは:BTCの価格と半減が正比例に限らないのだが、数量の減少とともにニーズが増えるため、潜在的なビットコイン経済学デザインモードが積極的に価格を影響するっと述べた。

三回目の半減でBTCの一日提供数が1800枚から900枚まで、50%を激減した。枚数減少でインフレ率が1.78%まで下げた(世界中の銀行の大半のインフレ率目標が2%だ)。ちなみに、黄金のインフレ率が1.58%だ。これでビットコインの競争性をさらに上げた。

供給が固定しているという特性があるため、ビットコインのインフレ率が時間とともに下げていく。未来4年内に0.8%までに下げると思う。これは経済学に価格にいい影響を与える。三回目の半減とデータによって、未来の二年内にブルマーケットが出られると推測する。

そして、注文されるETH に関しても、自分の研究結果を話してくれた。

TIMの回答によると、彼が思うに、ETHの価格を支持する原因は三つ:

1. ビットコイン以外、唯一SECは認定する非ファイナンス仮想通貨はETHである。即ち、ETHはアメリカ法律に適用とされない

2. RedditがETHを基づいて、ソーシャルポイント制トークンを出した

3. VisaはETHを基づいてドル仮想通貨化システムの構築を計画しているそうだ

ETHが2.0にアップグレードしてから、検証者になるには32枚ETH no 抵当資産が必要になって、抵当資産を通して収益をもらう。2.0ネットワークが起動後、資産を抵当するユーザーが多いほど、流通するETHが減少する個tになる。32ETHの検証者は年間4.6%-10.3%の報酬を期待できると予測したそうだ。

このチャットを見てわかるが、保有数>32のアドレスは今年1月から大幅に上昇した。BTC半減と同じく、時間とともに、ETH2.0の抵当システムでインフレ率が0.5%-0.2%ぐらいに下げる。インフレ方面から言えば、ETHもBTCも黄金と同類。

初心者へ:勉強し続けて、相場に恐怖心を持つ

ライブ相談の部分で、初心者の投資者から“契約取引を始めたばかりで、高収益に憧れるが、リスクで大損害になるのも怖い。何かアドバイスをくれないか”の質問に対して、TIMの意見は:契約取引自体は小さいコストで高利益を狙うヘッジ道具でああるため、体験したい初心者はまず契約取引の基本概念、基本テクニックをちゃんと把握してから、ポジションのコントロールをきちんとする。クロスポジションでの勝負はあんまり進めしない。基本概念などを理解してから、少額証拠金で参入し現物ポジションの変動利益を捕らえる。最も注意すべきのは、決して盲目に賭けるみたいな取引をしないこと。相場の変動はとても素早いので、常に恐怖心を持つことが大事。

58学院の初ライブはこれで終了した。知識満々だが、時間のため、一部だけをここにまとめた。今後のライブし続けるため、興味ある方はぜひご注目ください。

website:https://www.58ex.com/
Facebook: https://www.facebook.com/coin.58COIN
Twitter: https://twitter.com/58_coin
Telegram: https://t.me/official58

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58