【bitcoin仮想通貨】世界経済が低迷、ビットコイン暴落、半減繁栄が来れるか?

三月に入った以来、世界中の金融市場が低迷しているのを影響され、ビットコインの半減繁栄も暴落へと転換してしまい、24時間で半分まで下げてしまった。半減まであとわずか一か月くらいの今、仮想通貨大変動の中、我々逃げるべきか?居続けるべきか?そもそも、半減故の繁栄は本当に来れるか?

ビットコインが24時間で50%を下げた

今年五月で、ビットコインが3回目の半減を迎えるから、長い間、業界がずっと“半減故の相場繁栄”についてざわついた。しかし、3月12日の夜からの24時間内で、ビットコインが一度3800ドルまで約52%を暴落した。とても恐ろしい。数量半減と書く、価格半減と読むだろうっと言った人もいた。

BTC1時間トレンド図 (From 58COIN)

今回の暴落は仮想通貨取引所の取引システムやリスクコントロールシステムなどを含め業界全体への試練だと思う。HuobiGlobal とOKexを含め、いろんな取引所のシステムが老化でダウンしてしまって、投資者に大きダメージを与えてしまった。しかし、暴落の中、ユーザーの取引を守れただけでなく、わずか1時間でユーザーの利益が700元から1260000元まで上げた取引所がいた。58COINだった。

この恐ろしい暴落が業界全体を振動し、ビットコインの未来性を固く信じる一部の投資者すら、半減市場が終わるんじゃないかっと心配しているのだろう?

半減市場がまだ終わっていない

今回暴落の原因が疫病の発生、国家摩擦、石油の価格戦争などを含めとても複雑だった。そして、仮想通貨業界だけでなく、金融市場全体が混乱してしまい、通常の経済事態ではない。

近日、経済を振興するために、連邦準備銀行をはじめ、全世界の中央銀行は好材料を発表した。それとともに世界の株相場が上げしつつ、現在ビットコインも現7200ドルぐらいに綾戻した。

以前二回の半減市場を見ればわかるが、繁栄は半減が開始する前に来るのではない。半減前はほんの小さい波で、真の繁栄は半減終わり後の半年または1年後にやってきて、1年後頂点に達する。なので、半減繁栄がすでに終わったっとはまだ早いと思う。

半減市場+受け手増加がビットコインの冒頭に加勢する

現在、中国の疫病事態は確かにコントロールできているが、世界中、特にヨーロッパとアメリカには拡大してしまっている。短期の事態から考えると、非実物資産を捨てて実物資産を保有する(リアル資産が王道)投資者がいるかもしれない。こういう状態のため、半減市場は確かに延滞してしまうかもしれない。

しかし、長期的に考えれば、ビットコインの貴重性と不加工特性がその価値のベースとなっている。数量半減のため、インフレ率が金と同じく、約1.7%。貴重性からみれば、ほぼ金と一緒。

そして、BAKKT、CMEなどの国家が認めた取引所もだんだん大きくなるとともに、機構と合格の投資者の入門は安くなり、派生品取引数量が拡大し、比率も多くなる。同時にヘッジング道具も豊かになってくる。なので、今回の半減周期をきっかけに、ビットコインはより多くの機構と投資者に目をつかれると思う。

今回の暴落がビットコインの綾戻しで、急激な下落をするたびに以降のチャンスも表していると思う。安いものが貯まられ、次の暴騰へと保て待つ。なので、投資者の皆さんはぜひ自分の仮想通貨を保護し、今のベアを乗り越えて、黄金のブルでまた会おう。

website:https://www.58ex.com/
Facebook: https://www.facebook.com/coin.58COIN
Twitter: https://twitter.com/58_coin
Telegram: https://t.me/official58

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58