【58COIN】週間ニュースショー

BTC価格は何回も4000を突破して、ETCも逆境を抜けて上昇し続けている。春分の万物復活に伴って仮想通貨市場にも春はやってきた。政策方面では、NIFAが仮想通貨の名での違法金融活動への防止注意を再び強調した;スイスが現有仮想通貨の管理及び立法を調整した;ユーザーがメールでXRPを振込むことができるようになった。58COINの市場情報が韓国のCoinhillsと日本のBit ONEを収録されるのが、58COINは日本、韓国での知名度が高まる証でもある。

では、3月三週目の仮想通貨状況:

先週まで(3月22日)、ETC以外のメイン銘柄が小幅に下落したのを除き、仮想通貨市場は安定していた。BTCが何回も4000ドルを突破して、最高4067.16ドルになった。市場の総価値が先週相変わらず1300–1400億ドルの間で動いて、値動きは大きくなかった。好材料等の異常状況はなかったため、24時間約定金額も300億ドルくらいだった。

先週の大ニュース分析:

北京NIFA(中国インターネット金融協会)のご注意:仮想通貨の名での違法金融活動を防止

北京NIFA(中国インターネット金融協会)がホームページで発表した「“仮想通貨” “ICO”“STO””SBC”及び他の変種したコインの名義で行う違法金融活動へのリスク注意」によると、下記の注意事項を警告した:一、北京にいる関係機構、個人は国家の法律を従って、“仮想通貨”“ブロックチェーン” “ICO”“STO””SBC”及び他の変種したコインを名義にして違法金融活動と伝播活動を抵抗し防止する。

二、違法者がIFO、IEO等の名義でセキュリティトークンを発行し、又は“経済シェア”“トークン経済”“募集”“ コンセンサス経済”等の名義で、IMO方式で仮想通貨の投機活動を厳重に警戒する。

Facebookがブロックチェーンでの応用を探索しているのを実証した

情報によると、Facebookが自社の仮想通貨を開発しているようだ。この情報に対して、Facebookからの返事だ:”他の会社のように、Facebookはブロックチェーン技術を利用する方法を探っています。多種類の応用を探索する新チームがあって、ビジネス顧問を募集しています。”。業界人の認識だと、Facebookは自社の仮想通貨で偽ニュースを対抗する可能性があるようだ。

東京地方裁判所がMT.GOXの破産保護調査レポートを発表した

3月20日、東京地方裁判所が取引所MT.GOXの破産保護調査レポートを発表した。レポートによると、3月19日まで、MT.GOXはキャッシュ残金695.5億円(158.9億の信託財産が含めている)と14.2万のBTC、14.2万のBCHが持っている。3月22日-3月29日の間、裁判所は債権について調査し続ける。そして、取引所の経営者、40億ドルビットコイン詐欺犯のAlexander Vinnikは詐欺と資金洗浄のため、現在ギリシャに拘留されている。

スイスが仮想通貨の監視及び管理の動議を許可した

Cointelegraphによると、スイス政府立法機構はとある動議を許可した。それ動議とは、現有規定は仮想通貨にも通用できるよう、現有仮想通貨の監視管理立法と司法と行政の手続き類書類での現有規定を調整する。この動議はいかなる方法で、仮想通貨関係のリスク及び、仮想通貨取引プラットフォームの経営会社がイコール金融中間人か、それで金融市場の管理に従いべきかを確認する。

KBF(韓国ビリヤード基金会)はプロリーグでブロックチェーンを使用する

CryptoNewsによると、今年6月に行うPBAで、規則表示板と評点システムを改竄されるのを防止するために、KBFはブロックチェーンで解決するようだ。以前、韓国のビリヤード試合で得点の計算についてよく揉めるが、ブロックチェーンを使用すれば、全国に統一の標準とルールを使用するため、こういう問題を解決できる。

技術アップ メールでXRPを振込ことができる

Oracletimesnよると、SchlaubiDと言う独立開発者はXRP Tip BotのAPIをプラグインとして主流メールのアプリケーションに集積している。これで全てのユーザー(宛先にXRPアドレスが無くでもできる)にXRPをメールで振り込める。現在、当プラグインがOutlook 2016で実施して、Office 365にも支持をもらった。今後、Gmailにも同じ功能を与えるよう探索しているようだ。

深センブロックチェーン電子領収書の総金額が13億元越え

新華社のニュースによると、深セン市税務局及びTencent会社が3月18日に発表したニュースでは、当日から深セン一部のタクシー、地下鉄、バス等乗り物にブロックチェーン電子領収書を導入する。現在、この電子領収書は既に食事、卸、交通等いろんな領域に活躍市、総合金額が13億元も超えた。

ETHイスタンブールハードフォークは10月に登場する可能性がある

AMBcryptoによると、近頃のETH核心開発会議で、前ETH基金会メンバーAfriが作った路線図を開発し続ける。Ethereum wikiによると、イスタンブールのアップデートバージョンは2019年10月で登場する。第一歩は2019年4月17日にベルリンで行うCoreDev会議、イスタンブールハードフォークの全ての提案を受け取る最後の期間は会議後の1ヶ月内に終わる。主要な端末が実施する締切時間は7月19日となって、8月でETHテスト、Ropsten、Gorli又はAd-Hocテストサイトでハードフォークの運行テストが開始する。

58COINの市場情報が韓国のCoinhillsと日本のBit ONEを収録された

58COINの市場情報が韓国のCoinhills(韓国のBloomberg News)と日本のBit ONE(ユーザー数NO.1の第三者仮想通貨プラットフォーム)を収録された。58COIN運営経理Stevenによると:”これは海外プラットフォームは自主的に収録してくださって、そして結構長い時間で収録してくださっているのようです。日本と韓国市場も弊社が重視する海外市場で、58COINが成立する当初から日本語、韓国語バージョンを支持しています”。

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58