無期限契約の“助手”がようやく牙を暴く――資金調達率の偽装

信じられないが、もしあなたは1000万のポジションを保有すれば、1日内に必ずオーバーレバレッジになってしまう。その元凶はまさに資金調達率だ。

資金調達率は現れた時点で無期限契約市場の”アシスタント”と呼ばれ、ショート・ロング間の矛盾をバランスよく取るためだが、果たして本当なのだろう?答えは否定だ。一部のベテラン投資者が既に資金調達率の”真相”を察知した — — 見えない“ポジションキラー”。

なんで”ポジションキラー”が見えない?

資金調達率、”ポジション保有費”や”SOFR”とも呼ばれているが、詳しく説明すれば話が長くなるため、自分に関わる料金問題だけを要注意すれば大丈夫だ。

普通、取引所はショート・ロングの比べによりリアルライムの資金調達率を計算することで、投資者のポジションに対して、周期的に料金を取る。一般的に言えば、毎日2–3回の調達がする。即ち、毎日手数料だけでなく、”資金調達率”で何回の追加料金が迫られている。

”たかが0.4%程度で大げさじゃないの?”と思う人も多いでしょう!確かに、資金調達率を(-0.375% ~+0.375%)の間に収まるのは業界のやり方だが、一見足したな金額ではないかもしれない。実はそうではない。真相は用意に隠さたのではなく、無視されただけだ。なぜなら、資金調達率に二つの“掩護” — — レバレッジ、維持証拠金率。レバレッジは“資金調達率”の凶暴を無視させて、維持証拠金率がポジションの後を防いだ。

真相が書いたが、次は、”資金調達率”が” レバレッジ、維持証拠金率”を利用し、ポジションを” 噛み殺した”のをゆっくり話そう!

資金調達率が”ポジションキラー”への変身記録

先日、友達の白さんがBitMEX(BM)でXBTUSD(即BTCUSD)の無期限契約を取引する際に、BTC価格は自分の清算価格に達してもいないのに、オーバーレバレッジしてしまった。このおかしい大惨事はどう発生したのだろう?この事件に通して、“資金調達率”はどう“レバレッジ”と“ 維持証拠金率”を連合して小細工をしたのかをみましょう。

例えば、白さんが10000USDTの指値価格で、8000枚のXBTUSD契約を購入して、100倍レバレッジをかけて、分離マージンモードを起動するまま、保有する場合、オーバーレバレッジが発生する前に2回の資金調達を経験され、資金調達率が全部0.3%とする場合、簡単な計算をしよう:

Ø ポジション価値=8000枚*1USD*1/10000=0.8BTC 初期本金=ポジション価値/レバレッジ=0.008BTC

Ø 2回の資金調達率=ポジション価値*資金調達率*2=0.8*0.3%**2=0.0048BTC

Ø 調達2回後の本金残高(必要証拠金)=0.8BTC/100–0.0024BTC*2=0.0032BTC

気づいたのでしょうか、2回の資金調達で初期本金の60%(0.0048/0.008*100%)を“噛み殺した”。この前なんで気づいていないだろう?簡単だ、“レバレッジ”が掩護になってしまったから。レバレッジへの記憶は参入する時点に止まった。高倍数レバレッジで膨大の利益を取ろうとする時、資金調達率も高倍数レバレッジで本金を飲み込んだ。

そして、0.0032BTCという本金残高を覚えてください。これはポジションを守れるデッドラインでもあり、資金調達率が目的を果たす最も重要な一歩だ。

Ø 维持保证金下限=仓位价值*0.5%=0.8BTC*0.5%=0.004BTC

Ø オーバーレバレッジを決める規則は何?表で見れば清算価格だが、本質は利用可能証拠金(分離マージンモードでは本金残高)が維持証拠金の最低値を満足できるかどうかだ。では、この限界値はどう図るのでしょうか?”資金調達率”の掩護その二 — — 維持証拠金率、ポジションを維持する本金残高の限界値を決める。BMのBTC無期限契約の維持拠金率が0.5%ので、最低値が:

Ø 維持証拠金最低値=ポジション価値*0.5%=0.8BTC*0.5%=0.004BTC

結果が見た通り、資金調達が2回を経験し、残高の0.0032BTCが維持証拠金最低値の0.004BTCを満足できないため、ルールによって、オーバーレバレッジが発生してしまった。

ここまで、“資金調達率”が“レバレッジ”と“維持証拠金率”との共同作業の全ては完全再現した。以前の自分は資金調達率が“市場のアシスタント”だと呼んで、更にレバレッジと維持証拠金率を無制限に使う自分は本当恐れ知らずだな。

“ポジションキラー”の怖さ

ようやくポジションキラーの偽造を知っただが、これは本の一部だけということを受け入れるのでしょう。”レバレッジ”と”維持証拠金率”の掩護でだんだんスピードと力勝負になってしまった。つまり、オーバーレバレッジのスピードが益々早く、犠牲したポジション数が増えた。言葉ではわかりにくいかもしれないので、簡単な計算をしましょう。

BMを例示にして、例えば下記の契約操作をする場合:

方向:ロング

建玉数:100枚(1枚の価値=100USDT)

証拠金モード:分離マージン

資金調達:1日3回、資金調達率が0.3%

維持証拠金率::0.5%

相場データや他の費用を考慮しない

オーバーレバレッジの違いで、違うオーバーレバレッジ周期をまとめた:

相場と手数料を考えずに、10000ドルのポジションなら、10倍レバレッジで12日間、20倍レバレッジで5日間、100倍レバレッジでただ1日間だけ維持できる。思いもしなかっただるうね。慎重にレバレッジを選んで、維持証拠金率の設定も飲み込んで、ようやく設定した同時に、ポジションの”死ぬ時間”も選んで、資金調達率の”トリック”さえ準備してあげた。

疑う余地もなく、”維持証拠金率”と” 資金調達率”が高くなるほど、あなたのレバレッジも高くなり、オーバーレバレッジのスピードが早くなる。設定を置いといて、現実に見れば、フレンドリーではないデザインがいくつかある。

上記のデータが全部プラットフォーム自身のHPでのプロダクト紹介或は費用記録から抽出し、拡大する要素一切ない。そこで、不思議の発見が:

BitMexの資金調達率が0.5%以上になって、つまり、調達するたびに、本金の半分を取られる

OKExの維持証拠金率の最高値が93.5%にもあって、つまり、何一つレバレッジをかけたら、即時オーバーレバレッジになってしまう。

Gate.ioが上記の二人の間だったが、維持証拠金率も0.5%の5倍に達した。

極端データを除いて、三者の限界値を見よう:維持証拠金率2.5%、資金調達率5.0%,レバレッジとオーバーレバレッジ周期の関係を再度検分したら、下記のエクセルが出た:

不思議に、こうな設定なら、最大でも16時間(一般的に8時間ごとに調達する)が限界になってしまって、50倍と100倍のチャンスが最初からいない。鳥肌が立ったでしょう。一部のプラットフォームは50倍や100倍レバレッジを設置しないのは、したくないではなく、他の優先設定に囚われ、不便利だけなのだ。

利益があるからサービスを提供するのは誰でも理解できる。しかし、利益を求める時に、基本のボトムラインを持たなければならないと私が思う。投資者たちも思考を停止したのではない。“資金調達率”の本質を知る上、防ぐ方法も探せるのでしょう。

これで、アジア地域で最初に無期限契約を始める58COIN取引所が”資金調達率”を気に入らない原因もわかるでしょう。資金調達率の本質を把握しているからこそ、早々に放棄していた。皮肉に、資金調達率を放棄する無期限契約プラットフォームは58COINだけだ。

website:https://www.58ex.com/
Facebook: https://www.facebook.com/coin.58COIN
Twitter: https://twitter.com/58_coin
Telegram: https://t.me/official58

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58