”仮想資産の金庫” — ウォレットの操作ガイド

仮想通貨取引を開始してから、インストールしたAPPが格段に増えたよね。マーニングやら、取引やら、まして業界情報や連絡用、資金保存等はひとつごとでなく、二つ三つがあるのも珍しいことじゃない。ちょっと待って、資金保存って何?これは重要課題だね。では、資金保存、つまり“ウォレット”とその使い方を教えてあげよう。

ウォレットが暗号鍵を管理する道具

今、投資者の常備資産に仮想通貨が追加した。特に長時間に仮想通貨を保有する投資者に対して、ウォレットが必要な道具となっている。普通のウォレットがカードやお札を納めるものだが、仮想通貨にはそんな簡単なのもではない。

ウォレットとは何?

まず、明確にしなければならないのは、ウォレットはmoneyを納めるものではなく、暗号鍵(公開鍵と秘密鍵)を保有するものである。暗号鍵を保有する人はそのアドレスでの仮想通貨の支配権利を持っている。

簡単に言えば、ウォレットには対応のアドレスと秘密鍵があって、アドレスが口座番号みたいなもので、秘密鍵が口座番号+パスワードなので、アドレスは公開しても大丈夫だが、セキュリティのために、秘密鍵は公開しないでください。

では、公開鍵、秘密鍵及びアドレスはなんでしょう?

暗号鍵:暗号アルゴリズムで生成して、ペアで現れる。秘密鍵と公開鍵各ひとつで組む。

秘密鍵:システムで自動的に生成する63桁の数字とアルファベットで構成して、パスワードみたいなもの。秘密鍵を持っていれば、対応のアドレスで保有する仮想通貨を操縦できるため、秘密鍵の保有者こそ、仮想通貨の真のマスターと言える。

公開鍵:秘密鍵によって推定して生成されたものである。暗号アルゴリズムの特性に故、逆推定ができない。サインと合わせて、“私は秘密鍵の保有者です”と証明するのは公開鍵の作用である。

ウォレットアドレス:公開鍵によって生成されて、口座番号みたいなものである。仮想通貨を取引する際、売却者はアドレス(口座番号)を購入者に渡してから、購入者はアドレスで保存する仮想通貨を自分のアドレス(口座番号)へ振込ことができるようになる。一人のユーザーは複数の銀行カードを持つことができるため、複数のウォレットアドレスを保有することもできる。

デジタルサイン:秘密鍵によって生成されたもの。公開鍵に合わせて”秘密鍵を保有する”と証明できて、偽物防ぐや修正防ぎ等ができる。

ブロックチェーンのウォレットタイプはいくつあるんだが、自分が秘密鍵を保有するのは一番重要である。

秘密鍵を紙み写して保存するのを推薦する。ブロックチェーンでは、個人の秘密鍵をなくしても、取り戻す方法もなく、対応する機関もないため、一度無くしたら、二度と取り戻どすことができないため、必ず他人に軽軽く伝えなくて、大事に保管してください。

現在、imToken、APPMyEtherWallet、BlockChain、ライトコインアプリ等いろんなウォレットが存在しているんだが、安全性と拡張性からに考えば、二つ推薦する。ひとつはBTCを保管するbitpieであって、もう一つはイーサのimTokenである。

では、ウォレットはどこでダウンロードすればいいのでしょうか?

1. イーサウォレット:imToken(オープンソースのウォレットは比較的に安全)

ダウンロードアドレス:https://token.im

使用方法:https://token.im/support

2. ビットコインウォレット:bitpie(中国国内NO.1のウォレット)

使用方法:http://docs.bitpie.com/zh_CN/latest/

3.EOSウォレット:

ダウンロードアドレス:https://www.mytokenpocket.vip/

単独サインアドレス+複数サインアドレスで資産の安全性を上げる

日常の仮想通貨では、OTCでコインを獲得以外、自分が保有するウォレットからコインを取引所のウォレットへ振り込んで保管するのもできる。取引所ウォレットの秘密鍵が取引所が保有して、ユーザーに公開鍵だけを保有する。つまり、ユーザーは自分の仮想通貨は第三者のプラットフォームに預かることになる。

わかりやすいよう、ウォレットの使用シチュエーションをしよう。

振込み際、宛先がウォレットのアドレスを相手に渡して、相手が仮想通貨を当アドレスへ振り込めば完成する。

取引所で取引する際、ユーザーは仮想通貨を取引所が定めた(ウォレット)へ振り込めば、取引完成とする。出金する際、取引所が仮想通貨をユーザーのウォレットアドレス(或はユーザーが提供した他の取引所のウォレットアドレス)へ振込む。

簡単に言えば、ウォレットを利用しないと、仮想通貨が取引も振込もできない。なので、ウォレットの安全は仮想通貨の安全に直接関わっている。

今まで、取引所がコインをなくす事件はよくあって、最も有名なのは“门头沟事件”(当時世界最大のビットコイン取引所運営者Mt.Goxが破産した)なのだ。なので、どの仮想通貨プラットフォームを選ぶのかはとても重要になっている。

58COIN技術科経理Eric氏が言った:仮想通貨ではよく”1”で始まる(例:1l、1p、1n)単独サインアドレスと”3”で始まる複数サインアドレスがある。複数サインアドレスは3つの単独サインアドレスで組み合わせて、最低2人以上の授権がなければ通れない。例えば、ABC三人が同じものを購入しようだとして、少なくとも2人のサインが必要となる。これは安全性を遥かに上げられる。

58COIN取引所は上記の二つの方法を合わせて資産の安全性を守っている。そして、上場したいコインはまず全部の安全予備方案を提出しなければならない。そのコインやプロジェクトは充分安全の場合のみ、58COINはユーザーの資産を受け取る。

とにかく、ウォレットはユーザー自身の状況によって決まるもの。高額取引が多い場合、自分が秘密鍵を保有するウォレットが推薦する。少額取引が多い場合、取引所ウォレットのほうは操作に便利なのだ。

website:https://ww.58coin.com/
Facebook: https://www.facebook.com/coin.58COIN
Twitter: https://twitter.com/58_coin
Telegram: https://t.me/official58

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58