人民元の値下げがビットコインにとっての好材料?

ドナルドトランプ氏が就任して以来、貿易戦争を利用し、次々と利益を捉えた。2019年5月の始めで、2000億ドルの中国商品の関税を25%まで増えたことで、平安証券等の国内会社だけでなく、Goldman SachsとMorgan Stanley等の国際会社でも人民元対ドルの両替を下げて、人民元は驚く程のスピードで値下げした。

ドルと人民元の両替は3月下旬の最低値6.25から、現在の最高値6.91を至って、わずか二ヶ月で、人民元が約10.56%を値下げしてしまった。人民元の値下げと伴って、リスク回避のために、国内外の大量の資金は黄金、銀、債券、不動産、更には仮想通貨等へ流入した。

トランプ氏がビットコイン復活の一番功労者

貿易戦争の続きに、人民元の値下げも大きくなる状況で、中国投資者が資金守りで、ドルやビットコインへ流入するので、ビットコインの上昇に火をつけたっと業界人は思っていた。5月1日から、ビットコインは5287ドルから9073ドルまで上げて、上昇幅が71%まで達した。

暁生が思うに、今回の上昇の後ろにいろんな原因があって、影響が多い。

米中貿易戦争は確かにBTCの上昇と、8000ドル、9000ドルを超える要因の一つだが、全体上昇の根本的原因ではない。実は、今年の始めから、仮想通貨市場既に回復していた。4月以来、業界内外に好材料はたくさんあって、特に伝統企業の仕草はますます増えていた。今回の急上昇は突発性ではなく、ずっと前から下地した主要資金の推進は直接導いたと思っている。

ブルマーケットが来て、コインをためか?契約取引するか?これは問題だ

近頃の市場の観察に通して、情報面(Bakkt現物受渡し契約のローンチ、富達国際等の科学金融の大手会社が仮想通貨業界に入ると明確に宣言した)、基本面(BTCの半減と豊水期、リスク回避のニーズ)、或は陰謀論(BITMAINがハードウェアを売るために、マーケットを操作している。ニューヨークの地下金庫はほぼ空いた)から見ても、ビットコインは既に新たなブルマーケットの幕を開いたのは間違っていない。確かに現在短時間に下げているが、長期のブルに影響はないと判断する。

それに、「World Wealth Report 2018」(WWR)に、100万ドル以上の投資可能資産を保有する個人富裕層の中に、29%は仮想通貨に興味があって、26.9%は仮想通貨の概念と潜在投資報酬と貯金価値に吹かれたことを披露した。専門家によると、ビットコインは以前の最高値に近づいていて、ブロックチェーンとその産業の発展とともに、ビットコインの価値はそこはかとなく高い。

よって、高邁の投資者は今からコインを貯め続けるのはおすすめで、刺激にハマる投資者は契約取引によく似合う。些細なご注意だが:ブルマーケットとスワップ契約によく似合うよ。得た利益はブルマーケットで二度目値上げができる。

それでも不安な投資者にはもう一つ方法はある — — 58COINが最近開始したクラウドハッシュをみてみよう。

58COIN公式サイトによれば、現在クラウドハッシュは250/Tから販売されて、資金の回収期間は164日からであって、安定且つ全ネット最安電気代(0.32元/度)とメンテナンス費用(0.03元/度)と設置している。長期間の安定収益をもらえるため、穏健を求める投資者の最高チョイスだと思うよ。

というわけで、両替の変化はビットコインのリスク回避の極一部であって、政治と社会安定もビットコインに影響がある。仮想通貨投資者は利益を得るために、全面的に発展しなければならない。現物取引にメインコインを投資するだけでなく、クラウドハッシュみたいな安定プロダクトも選んだほうがいい。その上、契約取引をするにも、しっかりするプラットフォームは必要ですよ。

website:https://www.58ex.com/
Facebook: https://www.facebook.com/coin.58COIN
Twitter: https://twitter.com/58_coin
Telegram: https://t.me/official58

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58