リスク激安、収益激高-ークラウドハッシュ

一年間以上のベアマーケットを終えて、最近ビットコインは強い反発ブームを迎えた。4月以来、ビットコインは最高値の9073ドルまで登って、約170.6%を上昇した。

市場の復活とともに、契約取引するユーザーも増えつつ、同時にマーニング関係の業務もだんだん復帰してきた。Antのハードウェアの新シリーズが発売即売切れこそその証明だ。個人投資者と期間に向かって、58COINはハードウェア委託、ハッシュを取る業務――Bitハッシュを開始した。近日、期間を決められる「周期性クラウドハッシュ」が誕生したするみたいだよ。1Tから借りられて、激安電気代、選べる期間等色々の投資者の嗜好に満足できると思うよ。

マイニングにせよ、ハッシュ賃貸にせよ、ハードウェアが不可欠となっているが、マイニングとはなんでしょう?マイニングには本当に稼げる?決める要素はなんでしょう?簡単に分析しましょう?

マイニングとは?ハードウェアとは?

皆さんがご存知の通り、ビットコインは点と点の支払いシステムで、その核心は取引であって、この取引を記録する人がいる。普段の銀行振込の記録は銀行側だと同じく、ビットコイン取引はマイナーという人がしてくれる。

マイナーはどう記録するのは対して重要ではなく、問題はどのマイナーが記録するのかだ。ビットコインシステムに銀行みたいの中心ノードがないため、誰でもマイナーになれる。ここでだ。誰でもマイナーになれるから、この記録の業務を誰に託すか?マイナーが確かに仕事したのはどう証明するのか?マイナーが嘘作って記録していないかはどう保障できるか?こんな問題を防ぐために、ビットコインの発明者中本聡がとても賢い方法を見つけたーー”仕事量証明システム”即ちPOWのことだ。

ビットコインシステムはマイナーたちはある数学問題(Hash値の計算)の計算を与え、最も早い答えが出るマイナーのブロックは他のマイナーにも同認するなら、ご褒美、即ちビットコインは彼に与えられる。ビットコインハードウェアのマイニングとは、ハードウェア(コンピューター)で数学レースに参加し、一番早い答えを出る人はビットコインをご褒美としてもらえる。

マイニングに使う機械は”ハードウェア”と呼ばれる。ハッシュ計算の難易度が徐々に上げて、Antプールも更新してきた。マイニングにはCPU — GPU — FPGA — ASIC –Antプールまでの発展を経験した。ハードウェアの発展には晓生は以前に詳しく説明したため、ここで蒸し返しないようにする。興味ある方はここへ移動して(https://mp.weixin.qq.com/s/NrAbwpqaqlc2NCq4Sk-zrA)。

マイニング収益は”誰”が決める

マイニング収益を影響する要素はいくつがあるが、まず言うべきのが銘柄価格。これは言うまでもない、銘柄価格は高くほど、収益が多いに決まっている。次はマイニング難易度、難度が上げるほど、マイニングスピードが遅くなって単価も高くなる。第三はコスト、コストが低いほど、収益が高い。もちろん、ここのコストはハードウェアの購入コストと運営コスト、即ちハードウェア費、人工費、運営メンテナンス費、電気代等を含めている。四は特定時間内に、ハッシュが高くなるほど、マイニングできるコインが多いから。

なので、コインの投資に似てて、マイニングで稼ぐには最も重要のポイントは:安く買って、高く売る!安く買うとは、もしあなたの電気代が安いなら、ハードウェアでマイニングすればいい。もし、安い価格でハッシュを購入できるなら、マイニングもいい。

Bitハッシュ 保守的ユーザーの最適チョイス

スポット市場がだんだん賑やかになっているのをみって、ウキウキする個人投資者は少なくなくいる。しかし、契約市場のリスクが大きため、試しでまずマイニングにするユーザーは多い。しかし、個人でマイニングするには思うほど簡単ではない:リアルタイムにハッシュ市場の価格を見れないとか、大規模も電気がない、もしくは24時間に運営メンテナンスを行うとか……

しかし、今市場はこの問題を解決してくれた。58COIN取引所が出したBitハッシュ業務ーーハードウェア委託業務、初めて販売したのは大人気シリーズS17、S17Pro(価格が1.5万元/台くらい)、ハッシュ高く、電気代低いPPS+収益モード。マイニングに必要の要素は全部持っていて、ユーザー自身の参加は一切必要なし、購入するだけで、収益が手に入れるので、発売即時で売り切れになった。

もしハードウェアの委託に一回の出費が高いと思うなら、更にクラウドハッシュがあってーーTを単位にして、一定の運営メンテナンス費用を支払ってハッシュだけを賃貸するものである。1Tで、306元で賃貸できて、上限を設定しなく、自由に選べて、どんな投資者でも自分の財力によって賃貸できる。クラウドハッシュの販売速度は思ったより速いため、58COINは更に1000Tのハッシュを追加した。

情報によると、近頃、58COINは周期性のクラウドハッシュ賃貸業務を始まる予定があるようだ。無期限のクラウドハッシュに比べて、周期性クラウドハッシュが選べる周期がもっと多く、コストの回収期間がもっと短い。

入門条件が低く、購入価格も低いため、大体の投資者は低いコストで永久の収益をもらえる。これに対して、58COIN運営科経理Stevenに夜:“ビットコイン価格の上昇に伴って、クラウドハッシュのコスト回収時間も速いスピードで短くなっています。保守系の投資者にとっては最適のチャンスです”。

website:https://www.58ex.com/
Facebook: https://www.facebook.com/coin.58COIN
Twitter: https://twitter.com/58_coin
Telegram: https://t.me/official58

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58