ビットコイン白書、ハードウェア、ピザ…|ピザの日、仮想通貨業界の“古物”について話しましょう

5月22日、ビットコインピザの日。ビットコインは誕生してから既に十数年経った。百年のファイナンスに及ばないが、ビットコインとブロックチェーンの発展に伴って、マイナー、投資者、初心者等の操作によって、一夜金持ちになるや神話、罠、革命等のキーワードも作られた。

仮想通貨業界の“博物館”にもいろんな“奥深いもの”があるよ。ちょうどビットコインピザの日だから、今日、一緒に見てみましょう。

世界初の公開のビットコイン:実物取引 — -ピサ

中本聡氏が2009年1月3日で初めてビットコインのブロックを発掘した以来、ビットコインはずっと一部の人々の中で伝播していて、自身の価値を実現していなかった。

しかし、金ならいつか必ず光るように、2010年5月22日、ビットコイン愛好者“Laszlo Hanyecz”は10000個のビットコイン‘で25ドルのピザ割引券を買った。これは公開上、初めてのビットコインと実物の取引あって、ビットコインは初めて自分の価格をつけられた。1BTC =0.3ドル。

このことで、ビットコインは一つの金融システムとして幻から実際の存在意義を持ったため、この日もビットコイン歴史に有名な“ビットコインピザの日”として刻まれた。

世界初の仮想通貨白書 — -ビットコイン白書

2008年10月31日、暗号化学研究グループで中村聡氏がビットコイン白書 — -「点TO点のデジタル現金通貨システム」を発表したことで、ビットコインが誕生した。

白書とは仮想通貨の使用の目的と技術を述べる書類のことである。白書を通じて、仮想通貨が提供する内容を説明できて、投資者が項目を把握する方法の一種でもある。仮想通貨への自信にかかわるため、白書はとても重要なものである。

簡単に言えば、仮想通貨とブロックチェーン業界では、白書がイコール融資のアピールなので、ある程度に、この新業界に重要な役を演じている。

世界初の仮想通貨取引所 — -Bitcoinmarket.com

ビットコインが誕生した後、マイニング以外、最初、フォーラムやIRC(ネットワーク中継チャットと呼ばれる)で取引しか、ビットコインを獲得することができない。しかし、この取引方法は時間をかかるだけでなく、安全性にも保証がない。

2010年3月、全世界初の仮想通貨取引所が — -Bitcoinmarket.comが誕生した。流動性とデプスが足りなかったため、しばらくしてから姿を消えたが、仮想通貨取引所1.0運営時代の扉を開いたことは間違いない。

中国で最初に取引所を運営するのは2011年6月9日で設立したBTCChinaだ。2013年、中国がビットコイン取引所の黄金時代に入って、新しいのを次々と設立した。もし、三大取引所は2.0バージョンだったら、58COIN取引所を代表にするインデックス価格システムを採用する取引所が3.0だったね。

世界初の高性能ハードウェア — -ASICハードウェア

初期のビットコイン発掘はコンピューター(家庭用も含める)を使って、CPU計算でマイニングするように、中本聡氏が設定したが、ビットコイン等の仮想通貨の価値が上昇するとともに、マイニングも産業化になって、競争も激しくなっていた。マイニング難度が上げたため、だんだんハードウェア比べになってきた。

2012年7月、自分が同世代のCPU、GPUのハッシュより何万倍も素早いASICハードウェアを作れると天才Friedcatがフォーラムで発表した。

そして、2013年年初、休学中の大学院生カボチャ張が初めてASICハードウェアを開発して、“阿瓦隆”と命名した。

2013年6月、FriedcatのハードウェアUSBが発表され、全ネットワークハッシュの20%を握った。

2013年年末、吴忌寒氏はFriedcatへの投資によって稼いだ数千万元を利用し、Micree Zhanと連携し、ANT S1ハードウェアを開発した。それから、ハードウェア売り家としてのBitmainが舞台に登場した。

Friedcatとカボチャ張が中国国内の“マイニング”時代の幕を開いたといっても過言ではない。

ビットコイン歴史上、最も価値ある知恵袋 — -知乎質問・回答

2011年12月21日、ある女性は知恵袋で質問した:“私は大学三年生で、今手元に6000元があります。投資したいですが、何かご意見がありますか”。その日、回答に“ビットコインを買って、ウォレット書類をよく保存して、それで6000元のことを忘れて、五年後に見てみよう”の発言があった。その回答人は8btcサイトの創始者 — 長铗だった。

この件で、長铗が多くの人々に知られた。

2011年12月月末、ビットコイン:ドルは1:3で、1ドル=6.3元なので、6000元なら300個ビットコインが買える。

もし長铗の言った通りに5年後で売ったら、2016年12月なら168万元を稼いだ。もし、2017年12月だったら2700万元で、最高値で売却だったら、約3700万元を稼げた。

残念だが、噂によれば、彼女最後に銀行投資及び旅行を選んだ。それで、人生で最も簡単に金持ちになるチャンスを逃した。

中国でのビットコイン発祥地 — -THE GARAGE CAFE

歴史を記録のは“古物”だけでなく、ここも仮想通貨業界の人々に憧れるところだね。

宝二爺が言った:“GARAGE CAFÉがなければ、今日の業界がないともいえるだろう。ここから出た人たちが合わせて今日の仮想通貨業界を作ったんだ。とても神秘な場所だな。”

▲ 2013年3月、アメリカ留学生Jake SmithがGARAGE CAFÉで0.131BTCでコーヒーを買った。国家テレビも取材した。

確かに、北京にあるGARAGE CAFÉは中国ビットコイン業界の核心で、発祥地でもある。宝二爺だけでなく、趙東、李笑来、李林等、いろんな有名人がここから出た。

仮想通貨の歴史は確かに11年しかないが、“古物”を通じて、この波乱万丈の歴史を回顧することで、未来への参考になれるでしょう。

website:https://www.58ex.com/
Facebook: https://www.facebook.com/coin.58COIN
Twitter: https://twitter.com/58_coin
Telegram: https://t.me/official58

--

--

--

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58

Love podcasts or audiobooks? Learn on the go with our new app.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store
58 COIN

58 COIN

58COIN is the world’s leading digital trading platform. E-mail: 58coinservices@gmail.com; Telegram: https://t.me/official58

More from Medium

A Life of Purpose

Forty years every day

Consistency

My MSSA Journey