スポット取引方方法

58 COIN
5 min readJul 10, 2019

手数料0 メジャーコイン揃い スポット取引には58COIN一択(操作ガイド付き)

スポット取引といえば、古参たちはよく知っているが、初心者の皆さんはどうでしょう?一見わかりやすいだが、実際はまだ一角しか見えてない人も多いと思う。なので、今回、暁生が詳しく教えましょう!!

スポット取引の概念と優位

まず概念を見ましょう:スポット取引とは仮想通貨と仮想通貨の間に発生し、その中の一つの銘柄が通貨建てとして、もう一つの銘柄を購入することである。例えば、BTCでLTCを値付けすれば、LTC/BTCという取引ペアになった。この取引ペアが1単位のLTCを購入するにはいくらBTCが必要か、または1単位のBTCを売却すればいつく単位のBTCをもらえるかを意味している。

例:58COIN取引所7月2日参入価格が、1LTC=0.011442BTCで、即ち1LTC=0.01BTCを意味している。

次、スポット取引に下記の優位を持っている:

1.銘柄変換のコストを抑える

2.プラットフォーム内の鞘取引チャンスを提供している

3.匿名性が強くなる

4.仮想通貨間の変換と流通をもっと便利になる

スポット取引方方法

概念と優位を理解した上、具体的な操作手順を見ましょう

スポット取引の準備条件:58COIN取引所(www.58ex.com)で登録し、初級認証及高級認証を済まして、ファンドパスワードの設置を完成してください。

第一歩:www.58ex.comにログインして、右上にある資産をクリックするし、資産を元の総アカウントからスポットアカウントへ振込む。入出金アカウントからスポットアカウントへUSDTを振込む場合、“入出金アカウント” — -“振込む”をクリックしてください;

第二歩:出たウィンドウに、”入出金アカウント”から” スポットアカウント”へと選んで、数量を記入して、“振込む”をクリックするだけで、無料振込ができる。

もちろん、市場外のOTCで関係銘柄を購入して、OTCアカウントからスポットアカウントへ資産を振込むこともできる。振込が完成するかどうかはスポットアカウントで確認できる。

第三歩:ナビゲーションバーで“スポット取引”を選ぶし、ご希望の銘柄ペアを選択し取引する。

例:USDTでBTCを値付けする場合、BTC/USDTの銘柄ペアを選ぶ。

第四歩:画面右下にある注文委託区域で委託操作をする。”成り行き”または”指値”を選択し、希望の”購入価格”及び”購入数量”(成り行き価格で購入する場合、記入する内容は購入数量だけ)を記入して、”購入”をクリックし、出たウィンドウで”確定”をクリックするで、当注文は委託段階に入って、マーチングを待つ状態になる(成り行き価格の場合、委託する即時に約定できる)。現在、大部分のメインコインは58COIN取引所がほぼそろっていて、全部14ペアがある。

備考:指値価格で取引することとは、定めた価格や価格区間内の最適価格で約定することである。即ち、ユーザーは事前に購入/売却価格を設定し、相場価格は設定した価格或はそれ以上に変動した場合のみ、約定ができる。

成り行き価格で取引するとは委託当時の相場価格で購入/売却することである。希望の数量を入力するだけで完成できる。

第五歩:取引完成したら、スポットアカウントで確認できる。

備考:購入する際に、設定価格が低すぎる場合、約定時間がなくなってしまうが、高すぎると損してしまう。売却はその逆だ。なので、価格設定は要注意しなければならない。普通の場合、最新価格を入力するのはおすすめだ。

website:https://www.58ex.com/
Facebook: https://www.facebook.com/coin.58COIN
Twitter: https://twitter.com/58_coin
Telegram: https://t.me/official58

--

--